栃木県 マレーシアへのいちごの輸送試験を実施
ホーム > ニュース > 栃木県 マレーシアへのいちごの輸送試験を実施

栃木県 マレーシアへのいちごの輸送試験を実施



2018年1月20日 11:30

tochigi_skyberry.jpg
写真:スカイベリー(スカイベリーFACEBOOページより)

栃木県は1月15日、県産いちごの輸出拡大に向け、マレーシアへのいちごの輸送試験を実施した。県は試験結果を、鮮度保持が困難とされるいちごの「航空便による長距離輸送に適した輸送方法」の検討材料とする。

栃木県 マレーシアへのいちごの輸送試験
1 期日:平成30年1月15日(月曜日) 11時から12時
2 場所:JAはが野真岡流通センター(真岡市田町1384)
3 試験の内容
(1)供試品種:スカイベリー(真岡市産)、とちおとめ(真岡市・益子町産)
(2)試験概要:様々なパッケージを使用した航空便による輸送試験
(3)調査項目:パッケージごとの傷みの発生状況など品質に及ぼす影響、有利販売の可能性 等
(4)輸送先 :マレーシア(首都クアラルンプール1月16日着)






◆安心の総額表示 ◆FACEBOOK、Twitter、Google+、Yahoo!アカウントでも簡単予約可能

-

往路:

復路:

旅行者(合計9名様まで)
大人(12歳以上)  

子供(2~11歳)  

幼児(2歳未満)

のスケジュール・運賃・空席をチェック





キーワード