マレーシア航空 メルボルン空港に緊急着陸 機内で乗客が暴れる
ホーム > ニュース > マレーシア航空 メルボルン空港に緊急着陸 機内で乗客が暴れる

マレーシア航空 メルボルン空港に緊急着陸 機内で乗客が暴れる



2017年6月 1日 15:09

5月31日、オーストラリアのメルボルン空港を離陸した直後のマレーシア航空128便(MH128)・クアラルンプール行きの機内で、乗客の男が暴れだし、同便は出発空港であるメルボルン空港に引き返し、離陸約30分後の23時41分、同空港に緊急着陸した。男は離陸直後、乗務員に暴行をはたらき、コクピットに侵入しようとしたが、乗客、乗務員に取り押さえられたという。着陸後、機内に武装警官が乗り込み、男の身柄を確保した。地元警察の発表によると、「男は25歳、精神疾患の可能性がある。」という。機内で男が「これは爆発物だ。」としていたものは、「小型スピーカー」であることが警察により確認された。同便着陸後、メルボルン空港は一時的に閉鎖された。

mh128_mel_kul_20170531.PNG
写真:5月31日メルボルン発MH128便の航跡(Flight Rader公式サイトより)



関連タグ :  



◆安心の総額表示 ◆FACEBOOK、Twitter、Google+、Yahoo!アカウントでも簡単予約可能

-

往路:

復路:

旅行者(合計9名様まで)
大人(12歳以上)  

子供(2~11歳)  

幼児(2歳未満)

のスケジュール・運賃・空席をチェック




【前の記事】新丸横丁で釜めしと串揚げ
←→
東洋ゴム工業 マレーシア工場でのタイヤ生産が累計1000万本を突破【次の記事】


最新ニュース&ブログ


キーワード