福岡国際映画祭2018 マレーシア2作品の上映を決定
ホーム > ニュース > 福岡国際映画祭2018 マレーシア2作品の上映を決定

福岡国際映画祭2018 マレーシア2作品の上映を決定



2018年8月24日 10:25

9月14日(金)に福岡市で開幕する「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2018」の上映作品が発表された。現時点でマレーシア2作品の上映が決定している。同イベントは9月23日(日)まで開催され、期間中、各国から監督・俳優らが来福し、舞台挨拶・シンポジウムなども行う。上映が決定しているマレーシア作品は下記の通り。

光(ひかり)Guang [日本初公開]
guang_malaysia.jpg

監督:クイック・シオチュアン/2018年/マレーシア/88分
光とともに弾ける瑞々しい音。実話に基づく感動作
弟と二人で暮らす自閉症のウェンクアン。弟に見守られながらも、生活費を少しでも稼ぐために日々職探しをするが、なかなか上手くいかない。鋭い音感を持つクアンは、幼い頃からグラスが奏でる音に魅せられていた。クアンは理想の音階を求めてグラス探しに奔走する。高い評価を受けた同名短編を長編映画化。

十字路 Crossroads [日本初公開]
監督:ナム・ロン/2017年/マレーシア/81分


【アジアフォーカス・福岡国際映画祭2018 概要】
■イベント名:アジアフォーカス・福岡国際映画祭2018
■主催:アジアフォーカス・福岡国際映画祭実行委員会
■開催期間:2018年9月14日(金)~9月23日(日)
■会場:ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13 など
アジアフォーカス・福岡国際映画祭2018 公式サイト






◆安心の総額表示 ◆FACEBOOK、Twitter、Google+、Yahoo!アカウントでも簡単予約可能

-

往路:

復路:

旅行者(合計9名様まで)
大人(12歳以上)  

子供(2~11歳)  

幼児(2歳未満)

のスケジュール・運賃・空席をチェック




【前の記事】マレーシア人が好きな「日本の調味料」は「しょうゆ」「味噌」「ワサビ」
←→
マレーシアごはん祭り2018~Malaysia MAKAN Fest 9月1日・2日に開催【次の記事】


最新ニュース&ブログ


キーワード