スルタン アブドゥル サマド ビル
ホーム > クアラルンプール  »  観光地 > スルタン アブドゥル サマド ビル

スルタン アブドゥル サマド ビル


2022年7月26日 09:40

sultan_abdul_samad_bldg.jpg

1897年、イギリスの植民地政府庁舎として建てられました。独立後はマレーシア政府に移管され、現在は「旧連邦事務局ビル」とも呼ばれています。「スルタン アブドゥル サマド」は建設当時のセランゴール州のスルタンの名前です。道路を隔てて独立広場に面しています。クアラルンプールのシンボル的建物とされ、幅が137mもあり、独立広場側から斜めに撮影された建物全景の写真は「ガイドブック」「クアラルンプールを特集した雑誌」の表紙に使われることが多くあります。近年まで裁判所としても機能していましたが、2007年までにプトラジャヤ、クアラルンプールの他の場所に移管が完了し、現在は通信マルチメディア省と観光文化省がオフィスを有しています。



  
  
  




最寄駅
LRT クラナ ジャヤ線 マスジッド ジャメ駅 徒歩8分
LRT アンパン線 マスジッド ジャメ駅 徒歩8分
LRT スリ ぺタリン線 マスジッド ジャメ駅 徒歩8分


文中に営業(公開)曜日・時間、入場料等の記載がある場合、それらは変更になる場合があります。最新情報は事前に公式サイト等でご確認ください。

【前の記事】独立広場
←→
クアラルンプール シティ ギャラリー【次の記事】